詩の発表 10 「クジラの子」  

本日は詩の発表をしようと思います!

最近、冥王星に最接近している探査機のニュースに興味津津です。
僕は趣味で西洋占星術をしているので、この手の話題は大好きです。

今回の詩は、そのニュースから着想しました。

拙い一編ですが、読んで頂けたら幸いです。





「クジラの子」         作詩者:渉


群れからはぐれた

クジラの子がね

愛を探して泳いでる

氷山の隙間からクリック音

青い惑星(ほし)にまで響いてく



新しい水平線でみつけたよ 

クジラの子をね

愛を探して泳いでた

5つの月へとクリック音

海神(わたつみ)さえ知らない遠く



君にも聞こえるかい

クジラの子はね

愛を探して泳いでる

はるか遠く 夜の国で









以上です。読んでくれた人がいたなら嬉しいです。ありがとう。





[PR]
by sho-doit | 2015-07-21 18:10 | 詩の作品

りそや しょう です!「カワイイ書道ってなんだ?」をメインテーマに、みちのく秋田県からイマドキ系書道アートを発信中です!


by りそや しょう