詩の発表 09 「ポタポタと」 

今日も詩の発表をします。これは、ふと目に入った光景が元になった一編です。
拙い作ですが、読んで頂けたなら幸いに思います。




「ポタポタと」      作詩者:渉


サンダルを手に提げて

灰色の道を

ガラスを踏まないように

ポタポタと

少女が走る

                 先を進む自転車
     
                 なぜ待ってくれないのと

                 振り返らない友達を
 
                 ポタポタと

                 少女は追う

夕日が照らす

人もまばらな町に

明日は雨も降るでしょう

ポタポタと

少女の代わりに

                合わないサンダルを履いて

                ときどきガラスさえ踏んで
 
                人は大人になるのでしょう

                ポタポタと
 
                音だけが響いてた

           
e0340014_14570037.jpg




以上です。

読んでくれた人がいたなら嬉しいです。貴重な時間をありがとうございました。


         



[PR]
by sho-doit | 2015-07-06 15:09 | 詩の作品

りそや しょう です!「カワイイ書道ってなんだ?」をメインテーマに、みちのく秋田県からイマドキ系書道アートを発信中です!


by りそや しょう