ブログトップ

書ART実験室

shokasho.exblog.jp

タグ:書道 ( 40 ) タグの人気記事

漢詩を可愛く書くと?

こんばんは!

やりたいことが沢山ありすぎ(≧▽≦)

オトメン書道家のShoこと、

りそや しょう です♪


インスタグラムで

「漢詩なんかが可愛くなるとどうなるのでしょう?」

という、ご質問を頂きました(*'▽')ノ

僕も気になったので、

「漢詩を可愛く書く!」

という、実験をしてみました♪

本日は、その作品を検証してみたいと思います!



e0340014_14301048.jpg

「李白詩 峨眉山月歌(がびさんげつのうた)」

©Sho RISOYA 2016



原文は以下の通りです。



峨眉山月半輪秋

影入平羌江水流

夜發清溪向三峽

思君不見下渝州



これは李白が故郷を旅立つ際に詠んだという漢詩です。

簡単に言うと「旅立ち」の詩ですね!

僕としては、珍しい縦書きの作品となりました。

李白の詩を「カワイイ文字」で書いた訳ですが・・・

いかがでしょうか?

見た感じとしては、カワイイですよネ!

印象としては、「李白さん」が「李白ちゃん」になる感じです。

なんとなく、単に「カワイイ文字」で漢詩を書いただけかも?

という印象も感じさせますが・・・

これは、これで「アリ!」な表現かと思います!

絵具を使ってカラフルに書いたら・・・もっと良いかもしれません♪





参考までに、通常の書道作品だと↓のようになります。


e0340014_15064637.jpg

「李白詩 峨眉山月歌」

©Sho RISOYA 2015



これは、昨年の春に書いた条幅作品です。

この作品があったので、スムーズに創作できました!

さて・・・

書体の違いもありますが、印象が大きく違いますよね。

通常の書道作品が、江戸時代の武士なら・・・

カワイイ書道は、イマドキの女の子かも(笑)



ちなみに・・・

漢詩だと、現代語訳などが必要になるわけですが・・・

僕自身で独自翻訳というのも難しいので、省略させていただきました。

内容が気になる方は・・・

インターネットで調べると、幾つか見つかるので調べて見て下さい。

引用もデリケートなので許してちょ (^_-)-☆



さて、今回・・・

以前に書いたことのある「峨眉山月歌」を題材に、

その文字を可愛くして書くという表現をしました!

けれど、漢詩の内容自体は「カワイイ!」とは違うかな~

内容も「カワイイ!」ものを書けばよいのでしょうけど、

漢詩の作者は、大昔の政治家さんばかりなので・・・

僕の知っている範囲ではありますが、

「カワイイ!」と言える内容の漢詩は少ない気がします。

真面目過ぎだったり、渋すぎたり・・・とか。

あえて挙げるなら、王維が詠んだ恋の詩「相思」かな・・・

相思相愛という言葉もありますよね♪

「相思」も1度だけ、題材にして書いた事があります。

ずっと前のことで作品は残ってないけれどネ!

一応、その「相思」も可愛く書いてみました↓


e0340014_16141250.jpg

「王維詩 相思」

©Sho RISOYA 2016



こちらも、縦書きですが・・・

文字に揺れをくわえて、リズムを出してあります♪


原文は以下の通りです。



紅豆生南国

春來發幾枝

願君多采擷

此物最相思



こちらも、現代語訳などは省略させていただきました(>_<)ノ


う~ん・・・

こちらもカワイイ印象には、なったかな?

やはり、もっとカラフルに書けば可愛さが増すかも!!





そして、実験の結果としては・・・

「カワイイ字形で書けば、漢詩も可愛くなる!」

ということです!

とはいえ・・・

漢詩の内容が重厚過ぎると、さすがにミスマッチだとは思います。

それでも!

見た目の印象自体は「カワイイ!」に出来ると思いました。

もちろん、あえてミスマッチにしても面白そうですけど(笑)



う~ん・・・

「検証する」と書いておきながら、

これでいいのかなぁ(笑)

現代語訳を出せないのも、厳しいですよネ・・・(>_<)

でも、もしかすると・・・

現代の中国語圏で暮らす人なら、

もっと適切に可愛く漢詩を書けるのかもしれないな~

とかも、感じました。



あと、これは余談になりますが・・・

僕の場合は、言葉の内容や雰囲気で「書きたい!」という気持ちになります。

その言葉たちは、可愛かったり、ポップだったりする・・・

現代の日本語です (*'▽')ノ

だから、漢詩を題材に選ぶことは少ないので・・・

今回は新しい経験をさせて頂きました!

貴重な体験をありがとうございます!

頂いた質問に上手く答えられたのか・・・

些か、不安ではありますが!

参考になったのなら、幸いに思います (≧▽≦)



最後まで読んでくれた人がいたなら嬉しいです!

貴重な時間をありがとうございました!!


[PR]
by sho-doit | 2016-11-25 19:00 | 気まぐれ発信 | Comments(6)

以前はこんな感じだったぜ!

こんばんは!

進化をやめない、現在進行形書道のホープ(笑)

オトメン書道家のShoですYO!

と、ふざけていますが・・・

以前は、もっと渋い感じの書家を目指していました(≧◇≦)

着物とか作務衣を着てるようなイメージの(笑)

その証拠がコチラ↓


e0340014_16033909.jpg

杜甫詩 春夜喜雨 (2012)全紙

                   



e0340014_16053527.jpg
李白詩 峨眉山月歌 (2015)半切





※漢詩の内容は省略します!

でも・・・

「ん?渋い感じって、なんか自分の本質じゃないな!?」って

去年の終わりぐらいに気がつきましたが・・・(*'▽')

6年ぐらいかかった(笑)



さて、↑の作品はどう?

まぁまぁ上手いでしょ。

プロの方に・・・「ちょっぴりね」とか言われそうですが(笑)

両方とも地方開催の全国公募展に出品した作品。

1つ目は高知県にて「入選」

2つ目は佐賀県にて「佳作」という結果でした。

思えば、ずいぶん遠くへ出したなぁ(>_<)

漢字2字の堅い雅号(ペンネーム)も使ってたなぁ・・・




この頃は、漢詩ばかり書いていました!

というより・・・漢詩しか書けなかったのです(>_<)

かな書道を勉強していなかったから、

漢字しか書けませんでした(笑)


表現の「引き出し」も少なくて・・・

思った通りの創作もできなかったかも。



「じゃあ・・・今は」って?

それは・・・

このブログを見ての通りです♪

カワイイ書、デコレー書、テクノ風・・・

たぶん、今が書道を始めてから一番楽しい!

最近、急成長を続けている気がします。

そのうち、この分野で嵐を起こしてやるぜ(笑)

と・・・

今日は少し、過去を振り返ってみました!

現在と印象が違って「ビックリ」したかな(笑)

この記事の前と後ろで、ビフォー&アフターって遊べそう(たぶん)


さぁ、また実験に戻らないと!

その前にゆ~うは~ん!夕飯食べないと!

最後まで読んでくれた人がいたなら嬉しいです!

貴重な時間をありがとう!


[PR]
by sho-doit | 2016-06-02 18:52 | クラシック書ART | Comments(2)

詩を書いてます(。_。)

こんばんわ!

ツイッターが上手く使えてない(笑)

オトメン書道家のShoです(ノ_・。)

ブログパーツ張りつけれない・・・不思議

さて、話題を変えましょう!

ご存知の方もおられるでしょうが、

僕は詩も作ります。

拙い出来だけどね(* ^ー゜)ノ

タイトルにもありますが、

実は・・・

以前に発信した詩を書いてます。



e0340014_21454247.jpg



↑の画像は草稿です。

画像は少し加工してあります。

ノスタルジックな感じですね(笑)

清書したものは、明日アップします。

本当は完成しているのですが・・・

夜で写真が上手く撮影できません。

なので・・・

明日・・・

ご期待ください(゜∇^d)!!

綺麗な紙に書きましたよ〜♪

最後まで読んでくれた人がいたら嬉しいです。

貴重な時間をありがとう!

(追記2016/05/15:ブログパーツ張りつけれました!不思議・・・)





[PR]
by sho-doit | 2016-05-13 21:28 | 気まぐれ発信 | Comments(0)

今日は母の日2016♪

こんにちわ!

オトメン書道家のShoです!

今日は・・・

そうです!

今日は・・・

母の日ですね!!

僕もグレートな母へメッセージカードを作りました(^O^)/


e0340014_12492516.jpg



e0340014_12551353.jpg


「日々感謝 いつまでも あなたらしくいてね」





記事を読んでくれた人がいたなら嬉しいです。

そしてグレートなお母はん、本当にいつもありがとう(^_-)-☆

貴重な時間をありがとうございました!




[PR]
by sho-doit | 2016-05-08 13:07 | 気まぐれ発信 | Comments(2)

タッキースタイルって? 

こんにちわ!

今をときめく書道家の渉です!

タイトルにある「タッキースタイル」を皆様は御存知でしょうか?

あっ、翼君の相棒ではありませんよ(笑)

実は今季注目のファッション用語で、柄モノに柄モノを合わせるコーディネートのことを言うそうです。

柄+柄って、かなりハードル高いですね(>_<)

僕などは、近所に外出した際にうっかり、上下がチェック柄だったことがあります(/_;)←さすがに色は違いましたよ!

こういう「うっかりタッキースタイル」は、まずいですね(笑)

創作活動をしているのだから、もう少しファッションに気をつけようと反省しました。

もっとセンスを磨きたいです。

さて、今日はその際に詠んだ短歌を書いた作品を発信したいと思います。



e0340014_11430077.jpg



「巷より 出(い)づるトレンド 君の服 上下はチェック ギンガムの袖」 詠み人:渉


まだまだ推敲が必要だったかな・・・歌の出来はそんな感じ(笑)

でも、漢字もカタカナも出てくる楽しい一首です(^-^)

本文が書かれた白い本紙はA4の画用紙、装飾に使ったのはギンガムチェック柄がプリントされた折り紙です。

台紙も折り紙を繋げて作ってあります。

紙類は、すべて大手百円均一店のダイソーさんで購入したものを使っています。

最近の百円均一店では、沢山の種類の柄モノ折り紙を取り扱っていますね。

今回はギンガムチェック柄だけを使っているので、「タッキースタイル」とは少し違うのかな。

ファッションではないけれど、柄をプリントされた紙類も上手に組み合わせたら楽しい作品が作れそうです。

それらを上手く組み合わせる研究も、少しずつしていきたいです。


と、今回は自作の短歌を書いた作品を発信しました!

最後まで読んでくれた方がいたなら感謝感激です。

何かを感じてくれたなら、さらに嬉しいです。

貴重な時間をありがとう。







[PR]
by sho-doit | 2016-03-03 11:40 | 気まぐれ発信 | Comments(0)

クラフト用のタグに書こう!#2

こんにちわ!

乙女チック男子街道を全力疾走中(笑)である

オトメン書道家の渉(sho)です!

本日はですね!

クラフト用タグを使った作例を紹介したいと思います。

本当はバレンタインデーの前に紹介したかったなぁ(笑)



本題の作例は↓です。





e0340014_12055798.jpg


2月10日の記事
でも、チラッとお見せしましたものに

「感謝」と書いてみました(^-^)

リボンの位置を変えて、紐を通した穴が隠れるようにしています。

そのおかげか、見た目が少し良くなったかな?

「感謝」の文字は、ありがちなデザイン(笑)

書いていて思ったのは、

「感謝」は点が多いので「」に置き換えられる部分が多いですね。

」に置き換える部分を「感」の「心」や、

「謝」の「寸」の点にも変えられます。

幾つかバリエーションがあるはずなので、

マネしたい方は試してみてくださいね(≧▽≦)



↓は裏面です!こちらも、「抜かりなし」です!


e0340014_12185895.jpg


ちょうど、リボンの結び目あたりにボタンを配置してみました。

リボンもボタンも、紙を挟むように張り付けただけですが、

リボンとボタンが糸などで繋がっているように見える気がします。

しっかりした作りに見える気がするので、我ながら良いアイデアだったと思います。

裏面には、何も書かなかったのですが・・・メッセージスペースを想定しています。

例えば、日付や記念日の名前とかを書けば良いかもしれません。

表が「for you」だったので、

裏には「from~」と差出人名を書いてもOKでしょう。

ちなみに、

クラフトタグの右下にある緑色のレース模様は↓のスタンプを使用しています。

e0340014_12324040.jpg
手芸用品店のセールで購入したものですが、デコレーションに重宝しています。

スタンプが用意できなくても、ペットボトルのキャップや、

紙コップの縁をスタンプ代わりにしても大丈夫です。

クラフトタグの隅にスタンプで模様をつけるだけで、

少しオシャレになると思いますので・・・

試したい方は、どうぞお試しあれ!



と・・・本日はクラフトタグの記事を発信しました。

最後まで読んでくれた人がいたなら、とっても嬉しいです。

貴重な時間をありがとうございました。




[PR]
by sho-doit | 2016-02-18 12:52 | 気まぐれ発信 | Comments(0)

春雷

こんにちわ!

次の晴れ間が待ち遠しい!と思っている書道家の渉(sho)です。

本日は変わった行の組み方で書いた作品を紹介します。

一応は現代詩とも言えるかな?


e0340014_15332492.jpg



「春雷」 作詩・書:渉(sho)


もくもくもくもくもくもくもく

もくもくもくもく・・・・・・

ばりばり ごろごろ ばりばり

ごろごろ ばりばり ごろごろ

春そら 雷のマーチングバンド





「こういう作品を書きたい!」

・・・という動機から創作した詩ですが、なかなか面白いものになりました(笑)

<春そら 雷のマーチングバンド>の部分だけ切り取ると、句またぎの俳句になっています。

今回の狙いは「もくもく・・・」の部分を、

空に広がる雨雲に見立てる表現です。

水彩絵具で書き入れた水玉は、春の雷雨をイメージさせています。

「ばりばり」や「ごろごろ」も

稲妻に見えるように書きましたが、いかがでしょう。

これを単純に詩の作品と見たら、カリグラムの類型なのかもしれません。


作品を見てもらうとわかるのですが、

最初は左から右方向への横書きなのに、途中から縦書きになっています。

冷静に考えると・・・文章の書き方としては、かなりエキセントリックです(笑)

今回の作品みたいに、縦書きと横書きを交えた表現が出来てしまうのが、

現代日本語の特徴かもしれません。


この作品も楽しく書けたと思います(^-^)

とはいえ、

僕が目指している「現代的な表現」や「現代的な文字」とは、まだまだ言い難い気がします。

まだまだ研究と実験が必要みたいですので、頑張りたいと思います!



読んでくれた人がいたなら感謝感激です!

何か感じてくれたなら、もっと嬉しいです(>_<)

貴重な時間をありがとうございました!



[PR]
by sho-doit | 2016-02-16 12:00 | クラシック書ART | Comments(2)

俳句・川柳を書く#4 自詠<そでさきでさくらんぼボタンときめく>

こんにちわ~!

オトメン書道家の渉(sho)です!

ここ一週間、ずうっと・・・向き合い続けた作品を紹介します。

下の写真はどうですか?

雰囲気あるでしょ(*'▽')

e0340014_16513035.jpg



タイトルにありますように、僕が詠んだ川柳を書きました。

今回は「句またぎ」という手法を用いて、

5・8・4という句切り方をしてみました。




e0340014_17011261.jpg


<そでさきで さくらんぼボタン ときめく> 詠み人:渉  無季



「さくらんぼボタン」というのは、

手芸用品店でカラーボタンの詰め合わせを見て思いついた言葉です。

赤いボタンを2つ並べたら、

「さくらんぼ」みたいだな~・・・という具合にです。



e0340014_17110946.jpg



そうしたら・・・

作品にしたくって、思わずボタンの詰め合わせを購入していました。

その後、俳句か短歌に詠みこもうと悪戦苦闘!!

なんとか、川柳(季語がないので)として詠むことができました。

「句またぎ」にも初めて挑戦しましたが、現代的な表現ができたかなぁと思います。




ボタンは「さくらんぼ」に見えるように、水彩絵具でヘタを描いています。

左下の落款印にもヘタを描いたのが、小粋なデザインでしょ!

文字の書きぶりは、伝統的な字形を踏襲しましたが・・・

次はもっと「イマっぽさ」を追究したいなぁ。


今回のデコレーションは・・・

ダイソーさんで購入したドットのリボンテープ、白のリボン。

このリボンテープとリボンはセットでした。←コストパフォーマンス高いです♪

額縁(B5サイズ)もダイソーさんで購入したものを使用しています。

ボタンやリボンを張り付けた立体作品ですので、

額縁の汚れ防止のフィルムは取り外しています。

こんな風にデコレーションしたものを、

これからは「デコレー書」と呼びたいと思います!!


さて、今回のデコレー書はいかがでしたか!




最後まで読んでくれた人がいたなら感謝感激です!

何か感じてくれたなら、もっと嬉しいです。

貴重な時間をありがとうございました!



[PR]
by sho-doit | 2016-02-12 15:30 | クラシック書ART | Comments(4)

俳句・川柳を書く#3<前田普羅の句>


こんにちは!

先日は節分でしたね!

僕も豆まき&恵方巻を満喫しました(笑)

さて、本日は立春ですね!

大地はこれから、ゆっくりと春モードになるのでしょうか。

今回はタイトルの通り、

前田普羅(まえだ ふら)<1884~1954>さんの句を書きました。

用紙は大手百円均一店のセリアさんで購入した、画仙紙の色紙です。




e0340014_01022432.jpg



「オリオンの 真下春立つ 雪の宿」 詠み人:前田普羅 




僕がこの句を書こうと思ったのは、

「春立つ」が今の時期にピッタリだと思ったからです。

あとは「オリオン」という表記が気に入りました。

1884年生まれの普羅さんが、オリオンと詠んだ・・・

それが「スゴイなぁ」と感じます。

あまり俳句には詳しくないので、僕が知らないだけかもしれませんが・・・

俳句にカタカナが登場するイメージがありません。

オリオンだって、漢字表記「三星」という方法があったはずです。

それでも!

カタカナ表記「オリオン」でなければ、表現できない気分があったのでしょう。

カタカナの効果なのか、現代っ子の僕にも通用する瑞々しい一句だと感じました。



色紙左下の挿絵:オリオンをイメージした三ツ星(透明水彩絵具を使用)

e0340014_00310771.jpg


書で表現するにあたっても、この「オリオン」は良いスパイスになった気がします。

カタカナが入った書の練習にもなり、有意義な題材でした!



それから・・・

書き終わったあとに、右上には「立春大吉」というロゴを描き入れています!

御利益がありますように(笑)






最後まで読んでくれた人がいたなら感謝感激です。

何か共感してくれたり、感じてくれたなら嬉しいです。

貴重な時間をありがとう。


[PR]
by sho-doit | 2016-02-04 12:00 | クラシック書ART | Comments(0)

俳句・川柳を書く#2 自詠<とげもまた ゆかしいとおし 冬のバラ>

こんばんわ!

書道家の渉(sho)です。



「バラの絵葉書」(ダイソーさんで購入)に

自分で詠んだ俳句を書いてみました。

下がその作品です。


e0340014_19540624.jpg




<とげもまた ゆかし いとおし 冬のバラ> 詠み人:渉  季語:冬のバラ(冬)



「バ」字が「ド」に見えたり・・・「いとおし」の続け字も少し失敗・・・もっと練習しなきゃ(>_<)

肝心な句は、「棘(とげ)があっても、冬のバラに心惹かれるよ」の意で詠んだものです。

俳句は難しいですね。ふっと思いついた句なので、玄人から見たらイマイチな句かもしれません(笑)



話が変わりますが・・・先日、全体の訪問者数が500に達しました!!

訪問して下さる皆様、本当にありがとう!!

励みになっております(>_<)

これからも、更新を続けられるように努めたいと思います!



最後まで読んでくれた人がいたなら、感謝感激です。

何かを感じてくれたなら、もっと嬉しいです!

貴重な時間をありがとう。




P.S.今回の創作における原動力となりました「冬薔薇」という言葉を教えて下さった、danさんに感謝を申し上げます!
   
   



[PR]
by sho-doit | 2016-01-30 20:47 | クラシック書ART | Comments(5)