<   2016年 02月 ( 8 )   > この月の画像一覧

こんばんわ。

イマドキの書道家の渉(sho)です!

今日は4年に1度の2月29日ですね。

地球が太陽の周りを1周する所要時間の調性をするためにある1日ですね。

4年ごとに訪れる特別な1日とも言えそうですが、僕も記事をアップすることで足跡を残したいと思います。

今回は自分自身に向けたメッセージカードを発信します。

自身に向けたものですが、このメッセージを必要とする方が他にもいるかもしれませんね。

もし、そうであるならば・・・何か思いを届けられたら幸いに思います。



e0340014_19232451.jpg


「嫌な コト ヒト も 許してあげれたら 君はきっともっと このセカイの大事な ヒト コト になるよ」




e0340014_19331358.jpg


「腹が立ったら 原因を許してごらん そうしてみたら ほら、自分がすこし 素敵に思えるでしょ」




些細なコトで、人を嫌ったり避けたり、腹を立てることってありますよね。

でも、そんな些細なことを気にして・・・自分の中にネガティブな荷物を保存するのはモッタイナイです。

それが自分の可能性を潰すことも、少なからずあるのではないかとも思えます。

許すのはエネルギーが必要です、とんでもないジレンマも感じることだってあるでしょう。

僕がそうですから(笑)

でもね、きっと「許す」ことで自分も浄化されるのではないかな。

そんな決意と、勇気を込めたメッセージです。

公転所要時間の調整する1日ですが、4年ごとに自分の内面を掃除するための1日と捉えられたら素敵ですよね。



明日から3月です。

僕と皆様の新しい月が、健やかなものとなりますように・・・

最後まで読んでくれた方がいたなら感謝感激です。

なにかを感じてくれたなら、もっと嬉しいです。

貴重な時間をありがとうございました(>_<)





[PR]
by sho-doit | 2016-02-29 20:03 | 気まぐれ発信 | Comments(0)

乙女座の満月

こんにちわ。書道家?の渉(sho)です!

久しぶりの更新になってしまいましたね(>_<)

そういえば、昨日は満月でしたね!

皆様はご覧になりましたか?

ちなみに、僕の方は雲に隠れてしまっていて見れませんでした。

でも、二日前の夜に満月直前の月を見る事ができました。

とても綺麗に輝いていて、近くで木星らしき光も見られたので良かったです。

西洋占星術だと、今回の満月は乙女座で起きた満月でした。

本日は、そんな乙女座の満月をイメージした作品を発信したいと思います。



↓がその作品になります。




e0340014_15125690.jpg

<オトメチックに書いてかいて満月> 詠み人:渉 


書く言葉は最後まで悩みましたが、インスピレーションを優先して「オトメチックに書いてかいて満月」としました。

句またぎの俳句とも言えそうで、リズムが良い言葉ではないかな。

俳句だと季語が満月(秋)になってしまいますが(笑)

作品自体は、良く見ると拙い部分が多いのですが・・・絵具を使用してみたり、言葉を考えたり、全てが楽しかったです(^-^)

チョークアートぽく見えますが、黒の厚紙に書いた作品です。



↓はレースペーパーを使った満月。


e0340014_15380559.jpg


母にこれを見せたら、「目玉焼き」と言われました(笑)

自分では気がつかなかったよ(/_;)

もっと満月に見えるように工夫が必要だったのかもしれません。

「♍」は乙女座の記号で、月の周囲に配しています。(乙女座の満月だからね!)

イメージはアンティークのアクセサリーだったのですが・・・

う~ん・・・目玉焼きに見える(笑)




↓は文字の部分です。


e0340014_15475062.jpg



白色の絵具を、かな書向けの細筆で書いて、その後にアクセントとして「オ」、「に」、「月」を彩色しています。

見た目だと分かりませんが、「オ」と「メ」、「ク」は絵具の濃度が薄かったので、二度書きをして修正しています。

どのくらいが丁度いい濃度なのか、まだまだ研究が必要みたいです。

リズム感が欲しかったので、「メ」と「月」を同じ様なハライにしていますが、いかがでしょう。

個人的には「書」と「か」の文字がカッコよく書けたかな・・・と思います。


↓は左下にある落款の部分です。


e0340014_16104592.jpg


漢字で「渉」と書かずに、「Sho」とローマ字で署名してみました。

横書きした「Sho」の下に、今度は縦書きで「かく」と書いた落款にしてみました。

斬新な気がするので、気に入っています。

次回もこの形で署名しようかな(笑)

落款印の色はスタンプ用のインクを利用しています。

薄いピンク色なのですが、写真だと良く色が出ていないのが残念(>_<)



と、いかがでしょうか(^-^)

個人的には昨日がムーンリターンのタイミング(←西洋占星術を知らない人はスルーしてね!)だということもあり、

今回は良い実験が出来たし、学ぶところも多かったと感じました。

あと、とっても楽しかった(≧▽≦)

次も頑張りたいと思います!


最後まで読んでくれた人がいたなら感謝感激です。

貴重な時間をありがとうございました!




[PR]
by sho-doit | 2016-02-24 17:08 | カワイイ書道 | Comments(2)
こんにちわ!

乙女チック男子街道を全力疾走中(笑)である

オトメン書道家の渉(sho)です!

本日はですね!

クラフト用タグを使った作例を紹介したいと思います。

本当はバレンタインデーの前に紹介したかったなぁ(笑)



本題の作例は↓です。





e0340014_12055798.jpg


2月10日の記事
でも、チラッとお見せしましたものに

「感謝」と書いてみました(^-^)

リボンの位置を変えて、紐を通した穴が隠れるようにしています。

そのおかげか、見た目が少し良くなったかな?

「感謝」の文字は、ありがちなデザイン(笑)

書いていて思ったのは、

「感謝」は点が多いので「」に置き換えられる部分が多いですね。

」に置き換える部分を「感」の「心」や、

「謝」の「寸」の点にも変えられます。

幾つかバリエーションがあるはずなので、

マネしたい方は試してみてくださいね(≧▽≦)



↓は裏面です!こちらも、「抜かりなし」です!


e0340014_12185895.jpg


ちょうど、リボンの結び目あたりにボタンを配置してみました。

リボンもボタンも、紙を挟むように張り付けただけですが、

リボンとボタンが糸などで繋がっているように見える気がします。

しっかりした作りに見える気がするので、我ながら良いアイデアだったと思います。

裏面には、何も書かなかったのですが・・・メッセージスペースを想定しています。

例えば、日付や記念日の名前とかを書けば良いかもしれません。

表が「for you」だったので、

裏には「from~」と差出人名を書いてもOKでしょう。

ちなみに、

クラフトタグの右下にある緑色のレース模様は↓のスタンプを使用しています。

e0340014_12324040.jpg
手芸用品店のセールで購入したものですが、デコレーションに重宝しています。

スタンプが用意できなくても、ペットボトルのキャップや、

紙コップの縁をスタンプ代わりにしても大丈夫です。

クラフトタグの隅にスタンプで模様をつけるだけで、

少しオシャレになると思いますので・・・

試したい方は、どうぞお試しあれ!



と・・・本日はクラフトタグの記事を発信しました。

最後まで読んでくれた人がいたなら、とっても嬉しいです。

貴重な時間をありがとうございました。




[PR]
by sho-doit | 2016-02-18 12:52 | 気まぐれ発信 | Comments(0)

春雷

こんにちわ!

次の晴れ間が待ち遠しい!と思っている書道家の渉(sho)です。

本日は変わった行の組み方で書いた作品を紹介します。

一応は現代詩とも言えるかな?


e0340014_15332492.jpg



「春雷」 作詩・書:渉(sho)


もくもくもくもくもくもくもく

もくもくもくもく・・・・・・

ばりばり ごろごろ ばりばり

ごろごろ ばりばり ごろごろ

春そら 雷のマーチングバンド





「こういう作品を書きたい!」

・・・という動機から創作した詩ですが、なかなか面白いものになりました(笑)

<春そら 雷のマーチングバンド>の部分だけ切り取ると、句またぎの俳句になっています。

今回の狙いは「もくもく・・・」の部分を、

空に広がる雨雲に見立てる表現です。

水彩絵具で書き入れた水玉は、春の雷雨をイメージさせています。

「ばりばり」や「ごろごろ」も

稲妻に見えるように書きましたが、いかがでしょう。

これを単純に詩の作品と見たら、カリグラムの類型なのかもしれません。


作品を見てもらうとわかるのですが、

最初は左から右方向への横書きなのに、途中から縦書きになっています。

冷静に考えると・・・文章の書き方としては、かなりエキセントリックです(笑)

今回の作品みたいに、縦書きと横書きを交えた表現が出来てしまうのが、

現代日本語の特徴かもしれません。


この作品も楽しく書けたと思います(^-^)

とはいえ、

僕が目指している「現代的な表現」や「現代的な文字」とは、まだまだ言い難い気がします。

まだまだ研究と実験が必要みたいですので、頑張りたいと思います!



読んでくれた人がいたなら感謝感激です!

何か感じてくれたなら、もっと嬉しいです(>_<)

貴重な時間をありがとうございました!



[PR]
by sho-doit | 2016-02-16 12:00 | クラシック書ART | Comments(2)
こんにちわ~!

オトメン書道家の渉(sho)です!

ここ一週間、ずうっと・・・向き合い続けた作品を紹介します。

下の写真はどうですか?

雰囲気あるでしょ(*'▽')

e0340014_16513035.jpg



タイトルにありますように、僕が詠んだ川柳を書きました。

今回は「句またぎ」という手法を用いて、

5・8・4という句切り方をしてみました。




e0340014_17011261.jpg


<そでさきで さくらんぼボタン ときめく> 詠み人:渉  無季



「さくらんぼボタン」というのは、

手芸用品店でカラーボタンの詰め合わせを見て思いついた言葉です。

赤いボタンを2つ並べたら、

「さくらんぼ」みたいだな~・・・という具合にです。



e0340014_17110946.jpg



そうしたら・・・

作品にしたくって、思わずボタンの詰め合わせを購入していました。

その後、俳句か短歌に詠みこもうと悪戦苦闘!!

なんとか、川柳(季語がないので)として詠むことができました。

「句またぎ」にも初めて挑戦しましたが、現代的な表現ができたかなぁと思います。




ボタンは「さくらんぼ」に見えるように、水彩絵具でヘタを描いています。

左下の落款印にもヘタを描いたのが、小粋なデザインでしょ!

文字の書きぶりは、伝統的な字形を踏襲しましたが・・・

次はもっと「イマっぽさ」を追究したいなぁ。


今回のデコレーションは・・・

ダイソーさんで購入したドットのリボンテープ、白のリボン。

このリボンテープとリボンはセットでした。←コストパフォーマンス高いです♪

額縁(B5サイズ)もダイソーさんで購入したものを使用しています。

ボタンやリボンを張り付けた立体作品ですので、

額縁の汚れ防止のフィルムは取り外しています。

こんな風にデコレーションしたものを、

これからは「デコレー書」と呼びたいと思います!!


さて、今回のデコレー書はいかがでしたか!




最後まで読んでくれた人がいたなら感謝感激です!

何か感じてくれたなら、もっと嬉しいです。

貴重な時間をありがとうございました!



[PR]
by sho-doit | 2016-02-12 15:30 | クラシック書ART | Comments(4)

久しぶりの更新です!

こんばんわ!

今を楽しむ書道家の渉(sho)です。

久しぶりの更新ですね。

なかなかアイデアがまとまらなくて、頭の中がモヤモヤしております(>_<)

いろいろ試したいアイデアばかりで、どれから手をつけたらいいのだろう(笑)

基礎練習もしないと・・・他にもやらないといけないことが沢山!



そういえば、もうすぐ「バレンタインデー」ですね。

下のは、息抜きに書いたデザイン案(POPとかの)です。

ありがちですが、「タ」の最終画を「」に置き換えています。

文字が息抜き感ありすぎ(笑)

うーん・・・右上へハネ上げる時、

最後に「くるっ」と巻いてしまう癖があるみたいです(レとン)。

意識的にしている「表現」ではなくて、「癖」ですから直さないといけないかも。



e0340014_17424612.jpg



メッセージカードの作例とかを、

紹介したかったところですけれど・・・もう間に合わないかも。

僕は差し上げる側ではないので、書くのもね(笑)


最後にクラフト用のタグに、デコレーションをしたものを紹介しておきます。


e0340014_17533969.jpg


緑色のレース模様は、手芸用品店で購入したスタンプです。

リボンはダイソーさんで購入しました。

左下に見えてるボタンも活用したかったのですが、

アイデアをもっと先鋭化させないといけないや。

参考にならないかもしれませんが、

チョコレートを贈られる方はタグに工夫するのも手ですよ(^O^)/



P.S. 

  最近、自分が「乙女チック男子」であることに気がつきました←今更かもしれませんが。

  「オトメン」(もう死語らしいですが)が流行ったあたりでも、母に指摘されまくっていた気が・・・

   巷では様々な書道家が居ますが、まだオトメン書道家は少ないはず。

   オトメン書道家 渉(sho)・・・なんてね!(笑)



[PR]
by sho-doit | 2016-02-10 18:15 | 気まぐれ発信 | Comments(4)

こんにちは!

先日は節分でしたね!

僕も豆まき&恵方巻を満喫しました(笑)

さて、本日は立春ですね!

大地はこれから、ゆっくりと春モードになるのでしょうか。

今回はタイトルの通り、

前田普羅(まえだ ふら)<1884~1954>さんの句を書きました。

用紙は大手百円均一店のセリアさんで購入した、画仙紙の色紙です。




e0340014_01022432.jpg



「オリオンの 真下春立つ 雪の宿」 詠み人:前田普羅 




僕がこの句を書こうと思ったのは、

「春立つ」が今の時期にピッタリだと思ったからです。

あとは「オリオン」という表記が気に入りました。

1884年生まれの普羅さんが、オリオンと詠んだ・・・

それが「スゴイなぁ」と感じます。

あまり俳句には詳しくないので、僕が知らないだけかもしれませんが・・・

俳句にカタカナが登場するイメージがありません。

オリオンだって、漢字表記「三星」という方法があったはずです。

それでも!

カタカナ表記「オリオン」でなければ、表現できない気分があったのでしょう。

カタカナの効果なのか、現代っ子の僕にも通用する瑞々しい一句だと感じました。



色紙左下の挿絵:オリオンをイメージした三ツ星(透明水彩絵具を使用)

e0340014_00310771.jpg


書で表現するにあたっても、この「オリオン」は良いスパイスになった気がします。

カタカナが入った書の練習にもなり、有意義な題材でした!



それから・・・

書き終わったあとに、右上には「立春大吉」というロゴを描き入れています!

御利益がありますように(笑)






最後まで読んでくれた人がいたなら感謝感激です。

何か共感してくれたり、感じてくれたなら嬉しいです。

貴重な時間をありがとう。


[PR]
by sho-doit | 2016-02-04 12:00 | クラシック書ART | Comments(0)

こんにちは! 書道家の渉(sho)です!

本日は「カワイイ書ART」を探求する実験です。

前回と同じく、「KAWAII(かわいい&カワイイ)」のアイコン的存在である

きゃりーぱみゅぱみゅさんの楽曲名
を題材に書きました。

(楽曲名には著作権がないそうです)

前回まで「にんじゃりばんばん」、「ふりそでーしょん」・・・と、

「かわいい語感の言葉」からアプローチをしましたが、

今回は「カタカナをカワイイにする」をテーマに挑戦しました。



「ひらがな」は「まるい形」が「かわいい」文字ですので、

何となく、「かわいい」を演出しやすい感覚がありました。

では、「カタカナ」ではどうなのでしょうか?

書道において「カタカナ」は、あまり話題にされない気がします。

というのも・・・

「カタカナ」は書道の古典には出てきませんし、字典にも収録はされていません。


しかし!!

現代語を書こうとしたら・・・

現代の感覚を書きたいなら・・・



絶対に避けて通れないのが「カタカナ」です。



ということで・・・書いてみたのが、これです!!



e0340014_00361095.jpg



「インベーダーインベーダー」は・・・

中田ヤスタカ
(CAPSULE)さん作詞・作曲の

きゃりーぱみゅぱみゅさんの楽曲名です。

大手衣料品メーカーのCM曲だったことや、

現在でも「志村けん」さんの動物番組の1コーナーでお馴染みですね。

歌詞は著作権の関係で割愛させて頂きますが、

皆さんも一度くらいは耳にしたことがあるはずです。

僕がこの楽曲自体を好きなのもあり、

出来る限り「カワイイ」ように「うりゃ~!」と気合いを入れて書きました。

今回は「カタカナをカワイイにする」というテーマでしたが・・・

いかがでしょう(*'▽')



「カタカナ」は、

楷書体で書かれる漢字の一部分や仮名文字から作られた文字だと言われています。

書き方も楷書体の基本点画で説明されることが多いので、

「ひらがな」と比べると少し角ばった字形になりやすい気がします。

あまり角ばりすぎると「カワイクナイ」ので、

「ン」と「べ」以外は丸ゴシック体のような筆勢で書いています。

教科書通りの「カタカナ」はフォーマル過ぎるので、

「イ」の一画目「左ハライ」などを草書体風に仕上げ・・・

カジュアルな「ゆる感」を引き出すように努めています。

もちろん、角ばった字形が「カタカナ」の魅力でもあるので、

シャープさを損なわないようなバランスも大事にしました。








さて、こちらは・・・その「書きぶり」のまま、作品に仕上げたものです。





e0340014_00371136.jpg



「UFO」と「リボン」、「水玉」、「星」でデコレーション。

モチーフは、きゃりーぱみゅぱみゅさんと、その楽曲の雰囲気です。

使ったのは・・・

折り紙や色画用紙、ビーズ用の星、手芸用のリボン、スクラップブック用の台紙です。

黄色の色画用紙にある水玉は、

文房具の「穴あけパンチ」で折り紙や色画用紙をカットして作ったものです。

台紙を「黒地に白のドット」を選びましたが、

宇宙っぽさと・・・オシャレな「カワイイ感」を出せたと思います。



本物のきゃりーぱみゅぱみゅさんの

「インベーダーインベーダー」のアートワークには敬服します。

本物は本当に「カワイイ」です。ミュージックビデオで拝見する限り、そう思います。

今回の作品と比較するつもりはないですが(と、言うよりも・・・とても歯が立たないです)

彼女たちは、僕にとって1つの目標でもあります。あまりに高すぎるけれどね(笑)


書で「カワイイ」の追究は、まだまだ手探りですが・・・

これは、僕という書道家が現時点で表現できる「インベーダーインベーダー」であり・・・

「カワイイ書ART」の青写真の1つなのだと思いますし、とても楽しく創作できました!

この作品で、その楽しさを誰かと共有できたら嬉しいです。

それから・・・なかなか気に入った作品なので、機会があれば額装してみたいと思います。

額装すれば、なかなかオシャレなインテリアになりそうです!





☆リボン付のUFO  

レトロな感じのUFOです。キラキラ光るホログラム折り紙で窓?目?を作っています。

UFOの船体は色画用紙を使いました。


e0340014_01301232.jpg

☆書の部分

周囲にはUFOから放射線状のビーム。

色画用紙などをカットして水玉を作っています。星はビーズ用のものです。

文字をUFOから降りてくる?或は乗り込む?そんな宇宙人をイメージして配置しています。

e0340014_01362162.jpg

☆落款部分

書の習慣を踏襲して「~を~かく」と署名しています。

この場合は「きゃりーぱみゅぱみゅさんの楽曲名を渉かく」となります。

リボンをドカン!と先頭に配置したのは、遊び心があるデザインだと自信があります。


e0340014_01364722.jpg


☆台紙を変えた別バージョン

こちらの方がUFOの色と合っていて、落ち着いている気がします。

けれど、少し幼い感じがしますね(笑)

メインの色画用紙部分は、マスキングテープを両面テープ代わりに使って仮止めしています。

マスキングテープなので、台紙の交換は紙を傷めずに簡単です。




e0340014_01370901.jpg


これは余談ですが、

僕が「カワイイ書ART」を研究しようと考えたキッカケは、「志村けん」さんの動物番組にあります。

あるコーナーに、きゃりーぱみゅぱみゅさんが書かれた「書」が登場しますが、

その「書きぶり」に「?」を感じたのが始まりです。

そのコーナーで流れていた楽曲も「インベーダーインベーダー」!!

なので、今回は思い入れがある創作となりました。

その「?」については、次回の「カワイイ書って何だ?」で発信したいと思います。




長くなりましたが、ここまで読んでくれた人がいたなら感謝感激です。

何か感じてくれたなら、さらに嬉しいです。

貴重な時間をありがとう。




[PR]
by sho-doit | 2016-02-02 16:07 | カワイイ書道 | Comments(0)

りそや しょう です!「カワイイ書道ってなんだ?」をメインテーマに、みちのく秋田県からイマドキ系書道アートを発信中です!


by りそや しょう