立夏に詩の発表! 「五月」 

今日は立夏です。東洋の暦では夏の始まりですが、まだ春の気分ですね。

春は出会いの季節ですよね。4月に初めて会った人でも、5月になると立派な顔見知りに変わっていますよね。
そんな中で恋が芽生えることもあるのかな?
五月病なんて言葉があるけど、憂鬱の原因は仕事や勉強の事だけじゃなくって、恋が原因だったりもします。

暖かい陽気は心地よくて、ぼんやり誰かを想う・・・なんてね。

そんな今日は、僕が作った拙い一編の詩を発表します。






「五月」     作詩者:渉



 たとえば、春の雨空
 一羽のツバメが五月雨にカーブを描いて 僕の目線と交差した
 その交点に君の姿が浮かんで消えた
 
 たとえば、春の窓辺
 陽気と溜め息 混ざり合った化学反応
 頬杖ついてる君が見えた光学現象

 それは恋だから僕は憂う
 それは五月だから空を泳ぐ
 それがコイだから
 
 それは大きな口で僕を飲み込んだ
 それはそれは大きな口で飲み込んだのだ
 それがコイだから
 


以上です、どうもありがとう。

[PR]
by sho-doit | 2015-05-06 13:30 | 詩の作品

りそや しょう です!「カワイイ書道ってなんだ?」をメインテーマに、みちのく秋田県からイマドキ系書道アートを発信中です!


by りそや しょう